沖縄の数あるダイビングスポットの中でも代表格と言えるのが青の洞窟

ダイビング

沖縄の青の洞窟とその主な2つの魅力

沖縄の海に潜るとなると、どこかのスポットを選ぶ事になります。その選択肢も色々あるのですが、青の洞窟などは大人気です。沖縄の数あるダイビングスポットの中でも代表格と言えますが、その洞窟には主に2つの魅力があります。
まず1つ目の魅力は、幻想的な雰囲気です。その名称通り、洞窟内は青色になっているのですね。海の神秘が感じられるムードなので、とても素適です。そのロマンチックな青い雰囲気に魅せられる方々が多いですが、主に初心者の方々が興味を持っている傾向があります。青の洞窟でダイビングのデビューをする方も、かなり多いですね。ちなみにその洞窟内では、よく魚群が目撃されます。小さな魚と接することができるのも、魅力的ですね。
それと2つ目の魅力ですが、交通アクセスの良さです。そのスポットは、沖縄の主な地域からの交通アクセスがとても優れています。国道58号線で簡単に行く事ができますし、那覇空港からも非常に近いです。空港からは、90分前後で行く事ができます。また那覇市内からは、約1時間前後で行く事が可能です。観光の要所なのですね。その交通の便の良さから、多くの観光客の方々がよくその洞窟でダイビングを行っています。
このような2つの魅力により、特にダイビングの初心者の間では、沖縄の青の洞窟は大人気ですね。

沖縄の青の洞窟に潜るのは何時頃が良いか

沖縄の青の洞窟を楽しむ時には、時間帯などは選ぶ事ができます。基本的に好きな時間に潜ることができる訳ですが、実はそれが意外と大きなポイントになってきます。なぜなら混雑度に関する問題があるからです。そもそも混雑していますと、若干落ち着かない事もあるでしょう。極力ゆったりとした雰囲気で、沖縄の青の洞窟を満喫してみたい方々も見られます。
その場合、10時から14時などの時間帯は、できれば避けた方が良いでしょう。その時間帯に洞窟に潜ろうとする方々が非常に多いので、やや落ち着かない雰囲気になる可能性はあります。おすすめ時間としては、まず早朝のタイミングなどは良いでしょう。特に朝7時頃から10時頃などは、かなり空いている傾向があります。その他にも15時以降のタイミングなども、比較的余裕を持って海に潜ることができるのですね。逆に上記の10時頃から昼頃のタイミングでは、またされてしまう場合があります。特に夏の時期などは、状況により30分ほど待たされる事もあるので、あまり妥当でないとも言えます。
しかし、色々とスケジュール調整の問題もあるでしょう。必ずしも10時から昼頃が良くないとも断言できないので、沖縄の青の洞窟へどの時間帯にするべきかは、状況次第とも言えます。

なぜ沖縄の青の洞窟内は独特の青い色になっているか

青の洞窟の一番の特長は、その色彩です。当然ですが、海の色そのものは青いですね。しかし沖縄の青の洞窟の場合は、その色が非常に映えているのです。数あるダイビングのスポットの中でも、かなり幻想的な色合いになっています。ところでなぜ沖縄の青の洞窟の色が、そこまで鮮やかなのかというと、岩石と海の青い色の調和の問題があります。そもそも海が青くなる理由は、その色以外の光が吸収されるからです。太陽光の中には、青や赤や黄色などと多彩な色彩があります。そして海の水というのは、青色以外を吸収する性質があるのです。必然的に海の色は、自然と青くなる訳ですね。もちろん青の洞窟も例外ではありません。
ただ沖縄の青の洞窟の場合は、表面に白い岩石があります。石灰質によって形成された岩石でできているのですね。それが上記の海の青い色と上手く調和して、独特の神秘的な色彩が自然と演出される訳です。見事なコラボにより、非常に美しい洞窟になっている訳ですね。また洞窟に差し込む太陽の光も、かなり幻想的な雰囲気を演出してくれます。まるで海から天国に登るようなムードになっています。
このような「自然が生み出した幻想的な青い色を満喫できる」のは、沖縄の青の洞窟の大きな魅力と言えるでしょう。

ダイビングで素敵な沖縄を体験

ダイビングに興味はあっても、昔から泳ぐのはそんなに上手じゃないから、迷惑になるし、やめておいたほうがいいかな。そんな自身のない方でも、安心して楽しめるのが沖縄ダイビング会社です。
そもそも酸素ボンベの使い方がわからなかったり、そもそも耳抜きのやり方すら知らなくても、沖縄ダイビング会社のインストラクターは、一回のツアーで少人数グループにしかレクチャーをおこないません。つまり、不安なことがあってもインストラクターに質問しやすいので、泳ぐ前の不安のほとんどは取り除けます。
講習が終わったらすぐ海に入る。というわけではありません。もちろん、浅瀬でひと通り泳いでから、水深の深いところへと行きます。本州では味わえない、綺麗な青色に包まれた海を泳ぐ。そこにはウミガメとマンタが、ゆったりと漂うように泳ぎまわるさまは、一生に一度は見ておいても決して無駄ではありませんよ。
沖縄と言えば、青く綺麗な海とおいしい沖縄料理が有名ですが、海はただ眺めているだけでは、その醍醐味の半分も味わえたとは言えません。実際に海に潜り、そこに生息している動物たちと触れ合ってこそ、沖縄旅行を完全に味わえたと言えます。みなさんも、沖縄に旅行される時は、ぜひ沖縄ダイビングを体験してみてください。

沖縄県のおすすめのダイビングスポット

沖縄県と言えば、海がきれいな観光スポットが多い事は有名な話ですよね!美ら海水族館や青の洞窟、首里城、川平湾など、海も景色も本当に美しく癒されます。そんな沖縄県で観光客に人気のレジャーと言えばダイビングですよね!沖縄の綺麗な海でのダイビングは沖縄に来たら必ずしておきたい遊びですが、海が綺麗だからこそ、どこでダイビングをすればいいのか悩みます。
では、オススメの沖縄ダイビングスポットはどこでしょう?
それは、【青の洞窟】です。ここは知名度も高く人気の観光スポットなのでご存知の方も多いと思いますが、人気の理由は海が非常に綺麗なので、サンゴの種類が多く、必ず魚を見る事が出来ます。せっかくダイビングをしても、魚が岩に隠れて見えなかった、なんて、楽しくありませんよね。青の洞窟ではさまざまな種類の魚をたくさん見る事が出来ます。
また、青の洞窟は、冬にダイビングをすると、ホエールウォッチングを楽しむ事ができます。保温性のあるウェットスーツを着用する事で冬でもダイビングを楽しむ事ができます。
沖縄ダイビングはライセンスの必要なく誰でも気軽に楽しむ事が出来ます。体験ダイビングを申し込みする事でプロのインストラクターと一緒に潜る事が出来るので初めての沖縄ダイビングでも安心して楽しむ事が出来ます。


本当にきれいな景色を味わいたいという方には沖縄青の洞窟のダイビングコースを利用してみてください。いままで感じたことのないほどの高揚感が得られます。それくらい素敵な空間が沖縄の青の洞窟には広がっていますので、ぜひそれをダイビングをして体感していただきたいですね。

本家青の洞窟こと真栄田岬の実力

沖縄本島の恩納村にある超人気ダイビングポイントの真栄田岬。ここ数年は以前より駐車場からエントリーポイントまでが綺麗に整備されて、とでも潜り行き易い公園となっています。那覇空港から車で1時間少々で行けて、那覇市内のホテルにステイしても道…

MORE ▶

recent article

TOP